8月14日、2010年徳島阿波おどり大会に出演しました。

海峡連でもっとも大きな行事です。例年20名程度参加しています。

夕方6時から11時ごろまで大会に参加しその後、出発場所まで商店街を踊り練りながら帰ります。

徳島市内に7箇所の観覧席が設けてあり、ここでは見学者が桟敷席から各連のおどりを楽しみます。

観覧席は有料席と無料席がありますが、もちろんおどる側では分け隔てなく踊ります。

観覧席の長さは大体150メートルで、入ってから出るまで10分程度かかりますので大変です。

男性は腰をぐっと落とし、前傾して腕を振りますし、女性は着物をきて、下駄をはいて優雅に、しなやかにおどります。

特に徳島大会は観客が多く、見る目も肥えておられるので、変なおどりはできません。気の張ることです。

終わったあと、ホテルで反省会を兼ねてワイワイガヤガヤと宴会が2時過ぎまでつづきます。

今年の大会はおわった!明日から来年に向けて練習だ!!

「おどる阿呆に、見る阿呆。。。、ヤットさ、ヤットヤット」